茄子の見方

Jul 23

quote

村上  おたずねしてみたかったのですけれど、夫婦というのは一種の相互治療的な意味はあるのですか。

河合  ものすごくあると思います。だから苦しみも大変深いんじゃないでしょうか。夫婦が相手を理解しようと思ったら、理性だけで話し合うのではなくて、「井戸」を掘らないとだめなのです。

(中略)

 ぼくもいま、ある原稿で夫婦のことを書いているのですが、愛しあっているふたりが結婚したら幸福になるという、そんなばかな話はない。そんなことを思って結婚するから憂うつになるんですね。なんのために結婚して夫婦になるのかといったら、苦しむために、「井戸掘り」をするためなんだ、というのがぼくの結論なのです。井戸掘りは大変なことです。だから、べつにしなくてもいいのじゃないかと思ったりもするんですよ。

村上  それはひとつの知恵ですね。

河合  ええ。自分は不幸だ不幸だと嘆いて、人に迷惑かけるぐらいだったら、離婚するのもひとつの方法ではないかと思います。

村上  何度も結婚する人がいますよね、3回も4回も。

河合  そういうのは大抵、井戸掘りを拒否しているんですね。井戸を掘るのはしんどいから、掘らないであちこち別の人を探しているけれど、結局、同じような人を相手にしていますよ。

河合隼雄の語る夫婦というもの - mmpoloの日記

 河合隼雄×村上春樹『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(新潮文庫)を読む。

(via ginzuna)

Jul 20

quote

番組が終わった後で、「誰が中心になってこんな番組をつくったのか」、「誰が国谷にこんな質問をさせたのか」、と安倍官邸が恫喝し、犯人さがしをしたと言うのだ。

安倍官邸の恫喝には驚かされるが、もっと驚いたのはNHKの対応である。

籾井会長以下、上層部は平身低頭し、国谷キャスターは「すみません」と泣き出したという。

こんな恥ずべき恫喝をまだ安倍官邸はNHKに対して行っていたのだ。

こんな恥ずべき全面服従を、いまでもNHKは安倍官邸にしていたのだ。

Jul 20

quote

――丙社でも自分のプログラムも読めない状態が続いた。

はい。心療内科を受診したりしていたが、よくならなかったので12月に休職した。

――仕事はうまくできないが、それ以外のことには意欲的に取り組むことができた。

旅行など趣味の部分は問題なくできるのに、仕事になるとダメ。事件に関することをやる時は調子がいい。自分で新型鬱と自己診断した。

――心療内科での診断は?

結局病名的なものははっきり診断してもらったことはなく、とりあえず薬を出して起きましょうと、抗うつ剤を処方されていた。

Jul 20

quote

――警察の捜査で予想外だったのは?

test.datというiesysの開発途中のバージョンがそのまま残っていた。完全な消し忘れ。そこからテストで使っていた掲示板が分かってしまった。

Jul 20

quote

――派遣先の乙社で、仕事が遅れた原因は?

私の能力不足。作り始めは大丈夫だったが次第にプログラムが大きくなっていくにつれて、スパゲティ状態になった。

――健康状態も影響していたか。

仕事に集中できない。以前自分が書いたプログラムも読めなくなっていた。

――上司から進捗状況を尋ねられた時には?

できないものを「できた」と嘘の報告をしていた。

Jul 20

quote

――EさんはPCが重くなったので、調べてiesysを停止させた。それは分かったか?

いえ。私はEさんが電源を切っただけだと思い、(iesysを消すための)削除コマンドは(iesysが指示を読みにいく掲示板に)書き込んでおいた。次に電源を入れれば削除されると思った。ところが、Eさんが逮捕されたという報道があり、削除コマンドを削除した。せっかく逮捕されたので、警察の捜査画面が見られるかもしれないと思ったので。

Jul 20

quote

――神社に対して反感は?

むしろ好きな方です。

――そういう神社を対象にすることに抵抗感は?

なぜかなかった。伝統文化を好きな自分がいる。同時に、こういうことを平気で書ける自分がいる。自分の中に複数の人間がいるような感じ。

Jul 20

quote

――そのアイデアはどこから?

私が昔の事件で特定されて逮捕された理由が、私のPCの中に犯行予告のメモファイルがあり犯行前のタイムスタンプだったことが決め手になった。犯行予告のテキストを残しておけば、警察はこの人を犯人と思うだろうと。

――警察の検証を読んでどう思った?

私が誘導した通り、テキストファイルに引っかかって、思い通り誤認逮捕したんだな、と。

Jul 20

quote

――α幼稚園を選んだのは?

皇族の悠仁様が通われていたから。

――天皇制に対して反感をもっているのか。

反感は持っていない。皇族に脅迫文を書けば騒ぎになると思った。

――思想的なものはない?

どちらかというとネトウヨで、日本の歴史や伝統、文化は好きな方です

Jul 20

quote

ーーJALが引き返したと知ってどう感じたか。

いたずらとみて無視するか、真に受けたらどこか途中の空港に緊急着陸するかと思った。夜のニュースで知った。引き返したのか、と少し意外な気がした。やってやったぞというゆがんだ満足感と同時に、やってしまったという恐怖感もあった。

Jul 20

quote

ーー麻原彰晃とオウムの信徒を釈放しろ、と書いたのは?

その方がテロリストっぽいかなと思っただけ。私の生い立ちの中で、中学にあがった時の地下鉄サリン事件と、大学の時の9.11テロ事件が特に印象深いので、それらをまねた。

ーーAさんがオウム信者とは考えられないが。

オタロードに関してはAさんの個人的属性に一致させたので、今度は別パターンでAさんと関係ない犯人像でやってみた。それを警察がどうみるか、と。

Jul 20

quote

【JAL事件】

ーーこれもAさんを踏み台にした。

脅迫文を書き込まれたJALは航空機を引き返した

この時点で感染に成功したのはAさんのPCのみだったので。どうせ捕まらないので過激なことを言ってやろうという気持ちが先に立った。

Jul 20

quote

ーー他にも、警察がAさんを犯人でないとみるべき状況もあったか。

1点は、インターネットエクスプローラを使った痕跡がPCに残る。ところがAさんは、グーグルクロームを普段つかっていた。なぜ犯行の時だけIEを使ったのか、と警察は思うのではないか、と。

2点目に、8月に報道を受けてネットでこういう書き込みがあった。「(犯行予告で)オタロードの歩行者天国に突っ込む、と書いてあったが、オタロードでは歩行者天国はやってない。犯人は大阪に詳しくない人ではないか」と。大阪府民のAさんがあのような間違った書き込みはしないと警察が思うべき事情があった。

Jul 20

quote

2、3日後に真相を告白する文言を作成し、同じ方法で同じ横浜市のサイトの同じご意見投稿フォームに投稿した。

ーーその理由は?

その時点では、同じことを繰り返すことは全く考えていなかったので、手口を解説し、警察をバカにする内容と捕まった人は無実だということを明らかにして、いたずらは終了するつもりだった。

ーーこれは実際に送信されたか。

分からない。10月になって、犯行声明メールを送ってから、報道で告白文はどうやら届いていないらしいと知った。横浜市が「受け取ってない」と言っていると報道されたので。おそらくプログラムの不具合、もしくは本文が長すぎて、投稿フォームが受け付けなかったんだろう

ーー犯行予告の対象にした小学校の校長先生の証言を聞いて印象に残ったことはあるか。

警察だけでなく、地域全体に警戒態勢をとらせてしまった。申し訳ない、大変なことをしてしまった。

Jul 20

quote

ーー自宅にC#の本はあったか。

はい、1冊だけ。C#を使ってゲームを作成するための『XNAで始めるゲーム…』というようなタイトルだった。

ーー逮捕当時も家にあったか

はい

ーー捜索時に押収されたか。

されませんでした。タイトルがC#となっていないので見落としたのかな、と